最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

日本は世界に比べて、あまり投資が盛んな国ではありません。世界第三位の経済大国であり、富裕層の人数で見ても世界第二位の国である日本で、投資があまり行われていないのは勿体無いでしょう。実際、これによって日本国内のファンドなども世界に比べるとあまり実力がない、という状況となっています。これを打開するためには、個人投資家が積極的に参入することによって、よりテクニカルな投資を行えるようにすることが重要になるでしょう。そこでここでは、世界の投資家も多くが利用しているテクニカル投資の方法の1つとして「ピボット」について紹介します。

ピボットというのはテクニカル分析の1つであり、前日の相場の価格を基準にすることによって翌日の相場がどのように変動するのかを見極めるという方法となります。前日の終値、前日の最高値、前日の最低値の3つをピボットポイントとして設定し、翌日その金額付近に株価が動いた時にどのように変動するのかを見極める方法となります。

この方法は現在ではスタンダードなテクニカル分析の方法となっているため、証券会社やFX業者が計算をして公表をしてくれています。煩雑な計算をすることなく利用出来るというのがポイントです。

Post tags:

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード TrackBack URL

コメントをどうぞ