最近の投稿

アーカイブ

カテゴリー

このままでは貯金が増えない、何とか投資で増やしていこう、と考えたら、やはり誰もが勉強をすると思います。
そこで必ずと言っていいほど目にする言葉が日経225、そしてNYダウです。
今現在、世界経済に大きく影響を与えているのはやはりアメリカ経済と言えるでしょう。
そのアメリカの大手優良企業30銘柄からなるNYダウは、今後の経済の成り行きを予測していくためにも欠かせない、投資家にとっての1つの指標となっています。

そして私たちが住む日本では、日経225がNYダウと同じような立ち位置になります。
しかし225とあるだけあって、日本を代表する企業225社の平均株価となっています。
これは日本経済の状態を表すTOPIXと並んで、とても重要視されています。

そしてこの日経225とNYダウは密接な関わりがあります。
それは日本とアメリカの関係が深いのと似ています。
例えば、NYダウが買われていれば、それが世界経済に影響し、周り回って日経225も買われるというような傾向が現れています。

投資に慣れている人であれば、この動きを見ながらロングショート戦略を取る、ということもできますが、まだ初心者にはリスキーなことも多いので勧められるものではありません。
それでも取引がしたい、そんな人のために各証券会社ではオプション取引を準備しています。
これは取り扱っているところとそうでない所があるので、最初に確認をする必要があります。

オプション取引は、将来の価格を先取りして売買をすることです。
ですから、期日までにその権利が発生しない場合は流れてしまう。
まるで掛け捨ての保険のようなイメージでしょうか。

ロングショート戦略に比べれば損失も少なくて済むため、まさに「オプション」として使えるものです。
損失は投入した資金、そして利益は無限大、というのがオプションというものを鋭く言い表した言葉となります。

NYダウと日経225を見ながら取引に出る場合には、このオプション措置もとっておくと後々嬉しいことが起こるかもしれません。
保険のつもりでトライしてみてはいかがでしょうか。

Post tags:

日本は世界に比べて、あまり投資が盛んな国ではありません。世界第三位の経済大国であり、富裕層の人数で見ても世界第二位の国である日本で、投資があまり行われていないのは勿体無いでしょう。実際、これによって日本国内のファンドなども世界に比べるとあまり実力がない、という状況となっています。これを打開するためには、個人投資家が積極的に参入することによって、よりテクニカルな投資を行えるようにすることが重要になるでしょう。そこでここでは、世界の投資家も多くが利用しているテクニカル投資の方法の1つとして「ピボット」について紹介します。

ピボットというのはテクニカル分析の1つであり、前日の相場の価格を基準にすることによって翌日の相場がどのように変動するのかを見極めるという方法となります。前日の終値、前日の最高値、前日の最低値の3つをピボットポイントとして設定し、翌日その金額付近に株価が動いた時にどのように変動するのかを見極める方法となります。

この方法は現在ではスタンダードなテクニカル分析の方法となっているため、証券会社やFX業者が計算をして公表をしてくれています。煩雑な計算をすることなく利用出来るというのがポイントです。

Post tags:

投資を行う場合、その時点における金融の情報をしっかりと取り入れ、状況に合わせた投資を行うことが重要になります。そのためには、情報収集と投資を一括で行うことが出来るようなツールがあると便利でしょう。FX投資などの場合はそういったツールが揃っている証券会社が多いのですが、株式についてはなかなかこれができていないこともあります。そこでここでは、情報収集と投資をどちらも行うことが出来る便利なツールとして、「くりっく株365」について紹介します。

くりっく株365はインヴァスト証券によって作られた、東京金融取引所の取引所CFDです。前身であるくりっく365によるノウハウと実績があるために、安心して利用することが出来るようになっています。このシステムを利用することによるメリットとして、前述の通り情報収集が幅広く行える、ということが挙げられます。

一般的に国内投資で利用されるチャートである、日経平均株価指数とTOPIXだけではなく、ドイツのチャートであるDAXなどを閲覧することが出来るようになっています。世界でのチャートの動きを把握すると、さらに全体に対してどのような動きが有るかが分かりやすくなり、投資の際有利です。

Post tags:

株式に限ったことではありませんが、投資には必ずリスクが存在しています。このリスクをいかにして上手く調節し、リターンとバランスをとるのかが重要なポイントとなるでしょう。では、どのようにするとリスクを抑えることが出来るのでしょうか。この際重要なポイントとなるのが、チャートをみることです。

チャートというのは、現在の株がどのように値動きをしているのかを示しているグラフです。これを見るだけでも、様々なことが分かるようになっています。基本的にチャートはまっすぐ右肩上がり、あるいは右肩下がりになることはありません。少しずつ上下を繰り返しながら、どちらかに向けて動いていくことになります。この上下の動きを上手く見極めることで、どこまで株価が上がるのか、ということを予測することが出来るわけです。

また、以前と同じようなチャートをたどっていることがわかれば、パターン投資を行うことが出来ます。同じようなパターンになっているチャートは、やはり同じような結果に帰結する可能性が高いためです。擬似的にその先のチャートを垣間見たような状態になるため、上と下、どちらに向けて投資を行うべきなのかが分かりやすく、失敗が少なくなるでしょう。

Post tags:

株式投資を行う場合、今後チャートがどのように変動していくのかを見極める事が重要になります。ただし、残念ながら正確に未来の予測をすることは出来ません。しかし、テクニカル分析を利用することによって、ある程度までであればチャートの変動を読み取ることが出来るでしょう。これはもちろん、その投資対象にこれといって大きな事件が起こらなかった場合に利用出来るものです。事件が起こった場合には大幅に変動することになるため、テクニカル分析による投資では予測をしきる事は出来ません。

よく利用されるテクニカル分析の方法の1つとして、ピボット分析というものがあります。ピボット分析というのは、昨日の終値と最高、最低の値をポイントとして、その周辺の値動きを予測する方法です。このテクニカル投資のポイントとなるのは、指標が投資家全員に取って共通のものであるということです。

それでいて、このポイントをどのように見極めるかによって利益が出るか、損益が出るかが変わります。オープンとクローズの時間によって多少の差が出ることはあるものの、同じ指標用いて投資を行うことが出来るため、自分の実力によってリターンが左右される、というところが面白い所でしょう。

株式市場、日経平均に関する情報は、このサイトがおすすめです。→日経225情報局

Post tags:

FX投資を行う場合、チャートを利用したテクニカル投資というものがポイントとなってきます。では、FXチャートを利用したテクニカル投資としてはどのようなものがあるでしょうか。一つ目に紹介するのは「パターン投資」というものです。このパターン投資というのは、現在のチャートの状況と、類似した状況であった過去のチャートを利用して行うテクニカル投資です。

同じような推移をたどっているパターンを見つけることができれば、その後どのように変動したのかをある程度予測することが出来るでしょう。もちろん完全にその通りになるとはいえませんが、パターンの変動というのは基本的に意味があって起こっています。チャート変動の理由を見極めることができれば、未来予測に利用出来るでしょう。

もう1つ利用できるテクニカル投資として「エンベローブ」という方法があります。これは、チャートが完全に右肩上がり、ないしは右肩下がりになることはなく、常に上下の変動を繰り返しながら動いている事を利用したものです。実際の株価変動と移動平均線を照らし合わせる事によって、その後の株価変動を予測する方法となります。日足チャート等を利用することでこのテクニカル投資が利用できます。

Post tags: